産後太りにも骨盤矯正

人間にとって骨はとても大事な体の一部でもありますので、年齢が高くなってから気を遣うようでは遅いということでもあります。女性は子供を妊娠をすると妊娠中に一気に太ってしまうことが多く、出産後には元の体重よりも10キロ以上オーバーする人がほとんどになります。またお腹が大きくなっていくことで腰や骨盤というのが曲がり、歪んだりしてしまうことで健康にも影響をしてしまうことになります。産後太りというのもこの骨盤がとても関係しているのだそうで、骨盤がずれていることで腰周りのサイズも大きくなってしまうのだそうです。そうなると今まで着ていたボトムスがきつくなったりしますので、サイズがワンサイズ大きいものを着るようになったりするわけです。骨盤矯正ではきちんと骨盤を元の位置に戻してくれますので、戻ることでサイズも元通りのままになります。

産後にする骨盤矯正で脚長

骨盤を矯正するのは骨を治すということだけではなく、女性の場合には美容の効果を得たいということで骨盤矯正をする人が多いです。女性は子供をお腹に宿し出産をするわけですが、産後にはいろいろな体の変化というのを体感する人もたくさんいるのだそうです。特に体型といったところは目に見えて違いがわかるほどで、出産前にはスタイルのよかった人も産後には下半身が太ってしまったり骨の歪みというのもわかります。骨盤は出産をするときに開いてしまう部分でもありますので、骨盤矯正では開いてしまった骨盤を引き締めてくれるという役割をします。骨盤がきちんと内側に締まるということは腰やお尻の部分を小さくしてくれるので痩身効果がありますし、元の位置に骨盤を戻すことで足の長さも同じ長さに整えて脚長効果も見られるというメリットがあります。

産後の骨盤矯正をしよう

妊娠中期くらいからお腹が膨らみ始めます。妊娠後期になると、どんどんお腹が大きくなり、臨月に入ると歩くことも大変になります。お腹の中には3キロくらいの赤ちゃんと、羊水が入っているので、とてもお腹が大きいです。そして、陣痛がくると、どんどん赤ちゃんが下りてきます。せまい産道を通って生まれてきます。赤ちゃんの誕生はとても嬉しいですが、お母さんは、その後も後陣痛が辛いです。赤ちゃんがいなくなった子宮が収縮するために痛みがあります。お腹に赤ちゃんがいなくなっても、骨盤は開いたままなので、産前の洋服を着ることはできません。骨盤を元に戻すためには、産後の骨盤矯正が大事です。矯正ベルトを締めて、骨盤を正しい位置に戻します。正しい位置に戻らないと、体が歪んでしまったり、痛みを感じてしまうこともあります。次の出産に影響することもあるので、気をつけましょう。

妊娠から産後、美容から症状緩和まで、お客様の今に合った最適な施術であなたのこれからの人生をサポート致します。 骨盤、O脚、骨格、顔のゆがみ矯正などみなさんのお悩み解決にご協力致します。 身体の芯からあなたの健康をサポートするため、適切な施術と専門的な知識で美容から症状緩和までを行います。 お悩みでしたらカウンセリングで、ゆがみチェックとお試し部分矯正をぜひ体験ください。 赤ちゃんと一緒に通える産後の骨盤矯正を行うサロンです。

·

Leave a Reply